見積り① 工房便り

リフォーム工事費の見積もりの種類には
①工事費の総額方式 - 小工事などのときに利用することが多い。
・お客様側 - 内容が分りにくい              
・施工者側 - 見積もり作成の時間は少ない

②工種別の内訳方式 - 一般的なもの
・お客様側 - 工事場所と施工内容を理解することが難しい
・施工者側 - 施工業者さんへの工事発注はしやすい
          部屋ごとに仕様が違う場合などの、変更の対応には大変である

③部位別の内訳方式 - リフォーム工事独特の形態
                施工部位ごとの見積もり
・お客様側 - 部屋ごとなどの見積もりでわかりやすい
・施工者側 - 見積もりに手間がかかる
          工事の施工部位が変更した時の対応がしやすい

④パック方式 - 施工部位、部屋ごとの見積金額を決めている形態(ex.6畳一部屋全面の内装改修工事 一式○○○円など)
規模の大きい業者、ホームセンター、家電量販店などでよく見かける方式(期間を限定して実施するところも多い)
・お客様側 - 分りやすい
          標準工事以外にいくらかかるか分かりにくい
・施工者側 - 見積もり作成がスピーディーである
          経験年数の少ない人でも見積もりが可能である

8帖の洋室と洗面所の改修工事をしたときの、見積もりの考え方の一例を紹介します。
①工事総額方式
洋室8帖改修工事 一式 ○○円
洗面所改修工事 一式 ○○円
合計 ○○円

②工種別内訳方式
仮設工事 - ○○円
解体工事 - ○○円
木工事 - ○○円
内装工事 - ○○円
電機工事 - ○○円
雑工事 - ○○円
合計 ○○円

③部位別内訳方式
洋室8帖改修工事
仮設工事 - ○○円
解体工事 - ○○円
木工事 - ○○円
内装工事 - ○○円
電気設備工事 - ○○円
雑工事 - ○○円
洋室8帖改修工事 合計 ○○円

洗面所改修工事 一式 ○○円
仮設工事 - ○○円
解体工事 - ○○円
木工事 - ○○円
内装工事 - ○○円
電気設備工事 - ○○円
給排水設備工事 - ○○円
雑工事 - ○○円
洗面所改修工事 合計 ○○円

④パック方式
洋室8帖(A仕様) 改修工事 一式 ○○円
洗面所(B仕様)改修工事 一式 ○○円
合計 ○○円

上記の方式以外にも各社で違った方式で見積もり作成をされいると思います。

私は、部位別の内訳方式が一番いいと思っています。
4/12に書いた 工房便り「リフォーム工事予算計画」でも書いている、予算計画、工事計画がたてやすいと思っています。
※次回の工房便りで見積書の中身についてお話したいと思います。

コメントをどうぞ