見積り② 工房便り

見積書が高いか、安いかということで、お客さんや業者の方から相談を受けるることがあります。
また他社で見積もりを取ったが高いので、当社に見積してもらえないかと依頼が来ることもあります。
そんなとき「当社の見積もりは高いですよ!」と言っています。

見積書が高いかどうかの判断は難しいものと思っています。
材料費 - 金額が高い安いの判断ができる
材工費(材料費+工賃) - 金額が高い安いの判断が難しい

見積書に見合った工事をいかに施工してもらうかが大切なことと思っています。

施行者側の施工の考え方で見積もり内容にかなりの違いが出てきます。

洋室1部屋の改修工事をしたときの1例を紹介してみます。
お客様からの依頼は、壁と天井のクロスを貼り替えてほしい。

A社
内装(クロスの張替)工事 ○○㎡ × 単価  = ○○円
このような内容で見積もりをされるのが多いと思います。

B社
内装(クロスの張替)工事 ○○㎡ × 単価  = ○○円
塗装工事 ○○㎡ × 単価  = ○○円 (入口枠、窓枠などの工事)
電気設備工事 ○○㎡ × 単価  = ○○円 (コンセントプレートの取り換え工事、照明器具取り換え工事)
合計 ○○円

同じ依頼を受けても見積もりの中身はかなり違ってきます。
当然、工事金額はB社が高くなります。
クロスを貼り替えた後に、入口枠、窓枠などの汚れや傷、照明器具の汚れ、コンセントプレートの汚れが目立つことでクロスの張替工事後に、塗装工事、電気設備工事をした経験があります。
施工前にこれらの工事を一緒に考えておけば工程、職人さんの段取りをがしやすく、工事期間も短く、コスト面も有利になると思います。
このように完成したときのイメージを見積書に反映させることが大切なこととを思います。
これは施行者側が気がついて提案しないと、素人の方ではなかなか気が付かないことと思います。
リフォーム工事をされたお客さんから、追加工事が高くついたと聞くことがあります。
工事が完成して新たに追加変更工事の段取り、施工の順番があと先になったりすることで、通常工事より割高になること、仕上げがうまくいかないなどあります。
見積書が安くても最終の工事金額が高くなることが多くあります。
工事をするときに発生するであろう内容をすべて提案して見積もりを作っていきたいと思っています。
見積もり項目から必要でないと判断された項目を引き算して、不安を持ちながら工事を依頼しなくていいようにしたと思っています。
資金の段取りが狂ったり、支払い日がずれたりしてお客さま、施工者ともにいいことはありません。
私は、施工をして追加工事が出ない提案をして、工事を進めていきたいと考えています。
でもほとんどの工事で追加変更工事は発生しています。
施工前に見積もった工事内容と、完成時の見積もり内容のズレをできるだけ少なくしていきたいと思っています。

コメントをどうぞ