「工事について」Part2「お客様」 工房便り

工事をするときの、お客様の考え方、気持ち、心理など

① 完成後の姿は夢見る方が多いのですが、工事中のことは余り考えていない方があります。
  住みながらの工事は、お客様、施工者ともに大変です。
  また、近隣の方にも迷惑をかけていることをしっかりと認識してリフォーム工事を依頼することです。

② リフォーム工事は麻薬のようだと思っています。(麻薬という言葉を使うことは不謹慎かもしれませんがお許し下さい。)
  一度やる(綺麗にリフォームをしたところがある)とまたやりたくなる。
  一度に色々のこと(全面改修、大規模リフォーム)をするとショック死(2度とリフォームをやりたくない)してしまう
  初めてのリフォームで大規模なことを計画をされるのではなく、小工事を実施されたほうがいいのではないかと思います。
  20年来のおつきあのお客様とは、一部屋ごとの徹底的な改修工事をさせていただいています。

③ リフォームを思いつきでやらない。
  専門家と打ち合わせて決めたことを、決定の経緯も知らない隣りの○○さんの一言で変更をされる。
  工事の施工中も思いつきの変更は禁物です。よく設計者、施工者との打ち合わせをすることがいいと思います。

④ 機能が多くある機器がいいとは限りません。
  今使っている機器などの使い勝手が身についていて、新しい機能が多くある器機などを取り付けて、変化に対応できなくて不便を感じることもあります。           機能があり過ぎて使いづらいこともあります。
  最新の便器、洗浄便座などのには驚くほどに機能が備わっているものもあります。

⑤ 風の通り、日の差し方はお客様の方が一番よく知っている。
  実体験からの知恵や、特性など知っていること、設計者、施工者に伝え、リフォームに反映をさせる。

⑥ 普段の生活、不得意なこと、得意なことを知ること、そしてそれを設計者、施工者に伝えておくこと。
  普段は掃除、片付けが苦手な方が打合せ訪問時にはいつも綺麗に片付けされている。
  設計者はお客様の苦手なことを、得意なことと勘違いをして、提案をしてしまう。
  お客様が本音を早く出す方が、設計者、施工者の的確のモノ選びや提案が出来ると思います。

コメントをどうぞ